転職活動はどう進める?そのポイントをまとめました!

あなたの転職を後押しする転職支援情報サイト

年代別に転職を考える

既に体系化済みである転職の基本を流れに沿って追いながら、各プロセスにおける行動の具体例を提示して、より詳細に転職の流れを解説すると共に、転職で生じるメリットとデメリットの関係性に言及することで、転職に関わる基本事項をまとめることを試みたページです。

転職適性の判断と適正以外の問題

転職に対しての向き不向きを判断するための材料となる、基本事項を押さえつつ、それに基づく転職適性の有無に対する私見を述べると共に、事前に想定しておくべき転職に伴う障害となり得る事柄を数パターン例示して、具体性を伴った事前対策の必要性に言及しています。

円滑に転職を進めるための手段

転職を円滑に行う手段の一環に、転職に際しての円満な退職のコツとして後任者へのマニュアル作りを求人情報の収集に当たって利便性の高いインターネット転職サイトの有用性及び有効利用のポイントに実例を交えての使い分けを用いての私見をそれぞれ述べました。

転職の基本的な流れとメリット・デメリット

一般に転職は、人生における契機の一つであるほどの一大事に当たり、安定を求めるタイプの労働者の方にとっては可能な限り避けたいものであると共に、ステップアップの一種と見做している方にとっては引き抜きやヘッドハンティングは諸手を挙げて歓迎する慶事に他ならず、転職の受け取り方は個々人の感性に大きく左右される側面があります。

ただ、転職は繰り返すほど安定から遠ざかることは避けられず、年代ごとにその影響の仕方にも相違があるので、年代ごとの転職への影響に具体的に触れてみましょう。

二〇代の転職の場合、短期大学や四年制大学の卒業者の内、就職後二~三年程での転職を試みる人材を総じて第二新卒と見做し、新卒よりも安価に雇うことができる一定以上の社会性を身に着けた労働者との見方が大勢を占め、企業には概ね歓迎されますが、既に転職を繰り返している場合はもちろん、前職場で三年以上務めることができなかった辞める可能性が高い人材とも見られがちです。

三〇代の転職は二〇代のそれとは異なり、既に一定のキャリアを積んだ労働者であることから、即戦力としての期待が主で、引き抜きやヘッドハンティングの主要なターゲットとされる年齢でもあり、新規育成人材としての雇用はほぼ需要が無く、未経験者歓迎の職でも前職で積んだキャリアを基にした能力への期待が大きいことは間違いありません。

四〇代以降はもはや転職を避けるべき年代で、リスクに対するリターンが小さすぎて、ほとんどの場合において転職は割に合わず、どのような理由での転職であれ、妥協が必須となることは必然なので、妥協を受け入れることができない方は是が非でも回避すべきでしょう。