>

年代別に転職を考える

オーソドックスな転職の流れ

マニュアル本等の出版もあって、転職も体系化されており、基本的な流れはどの転職支援サイトや転職マニュアルでも大差はなく、転職の事前準備(自己診断)や計画から始まり、労働市場の情報収集を経て、各種応募用書類の作成に移り、面接を受けた後、内定を得られ次第、現職を辞し新しい職場へというのが、オーソドックスな転職のプロセスに当たります。

それぞれのプロセスにおける具体的な行動内容は、転職の準備段階で自身の能力と所持資格を合わせた大まかな市場価値の予測を立て、情報収集の段階で実際の市場価値と予測を摺合せた上で新職の求人情報を探り、希望する求人への応募書類を作成、面接対策として自己能力の具体例を伴った言語化と求人先企業の求人像予習を併せて行い、就業規則を踏まえての就業規則に則した退職といったものが一般的でしょうか。

転職の長所と短所

転職は基本的にメリット・デメリットが表裏一体方で、給与が上がるかも知れないというメリットには給与が下がるかも知れないというデメリットが伴いますし、人間関係を一新できるというメリットには人間関係のゼロからの構築といったデメリットが生じると考えておいて、まず間違いありません。

よって、転職で得られるメリットは常にデメリットと隣り合わせになることを想定する必要があるわけですが、自身の能力と所持資格の労働市場における価値を大まかにでも把握することができれば、デメリットを回避することも可能となるでしょう。

なお、ブラック企業や倒産寸前の企業に関しては、転職のメリットとデメリットを比較する余地は全く無く速やかに転職を敢行するべきです。


この記事をシェアする