>

円滑に転職を進めるための手段

後任への配慮で退職を円満に

転職に際しての退職は、職場の状況が極めて混沌とした、いわゆる修羅場と評されるような時期は避けることが賢明ではありますが、好条件の求人に望んだタイミングで出会えるなら初めから苦労はありません。

修羅場のような職場状況での退職を試みる場合、良い顔をされないことを前提にしながらも円満に退職するためにある程度の対策を練る必要があります。

後任に余念なく引き継ぎを行い、ノウハウを残すことによる即戦力ないし一定水準までの育成が好まれますが、退職タイミングが修羅場であればそれも望めないでしょう。

そこで有効なのが後任用のマニュアル作りですが、後任者の多くは前任者の残したマニュアルすら読まないことが少なくないので、ただ単に業務内容をマニュアル化するのではなく、要点と注意点にフォーカスを絞った四枚から五枚程度のボリュームに仕上げるべきです。

転職サイトの利用で費用や時間を抑制

時間と費用は転職において決して無視できない要素であり、転職に時間をかけ過ぎることも費用をかけ過ぎることも、転職後にプラスに働くことはまずありません。

インターネット転職サイトの利用は時間と費用双方の削減に役立つだけでなく、需要に応じて、時間的な余裕がある場合は、隙間時間の合間を縫った無料転職サイトでの求人検索による求人誌等の購入費用の削減、費用に余裕がある場合は有料転職サイトを利用した求人の質と専門性の向上といったように両者を使い分けることもできるので、転職における要点をまとめ、転職に関わるファクターにそれぞれ優先順位をつけて、転職サイトを使い分けあなたの転職をスムーズに行うために積極的に利用していきましょう。


この記事をシェアする